FC2ブログ

新着更新情報

広告スペース(Amazon百合ランキング)

当ブログについて

*R18*

18歳未満の閲覧は禁止(非エロカテゴリ除く)
18歳になったら、また遊びに来てね。

*当ブログについて*

当ブログは、ネット上(2ch等)で収集した二次元百合画像を個人で楽しむ目的でまとめております。
自己責任のもとでご利用ください。

各画像の著作権については、各著作権者様にございます。
著作権を侵害する意図はありませんが、権利者様からご連絡いただいた場合、速やかに対応いたします。
お手数ですが、メールフォームよりご連絡お願いします。
ポータル・アンテナ
お世話になっているサイト様

・エログポータル

elogch.png

・アンテナサイト

elogch.png

elogch.png

やるにょアンテナ(´・ω・`)

こまにゅう(β)

フェビアンテナ

ガゾーNEWSアンテナ

エロアンテナ

HNアンテナ

・百合情報サイト

百合ニュース

・百合SS

百合チャンネル

メールフォーム
ご意見、ご感想、著作者様からの削除要請等はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

逆アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合百合しい乙女たちの二次画像

ということで、百合ップルの二次画像です。
いろいろ詰め合わせ。

nijiyuri_1318.jpg

nijiyuri_1301.jpg

nijiyuri_1302.jpg

nijiyuri_1303.jpg

nijiyuri_1304.jpg

nijiyuri_1305.jpg

nijiyuri_1306.jpg

nijiyuri_1307.jpg

nijiyuri_1308.jpg

nijiyuri_1309.jpg

nijiyuri_1310.jpg

nijiyuri_1311.jpg

nijiyuri_1312.jpg

nijiyuri_1313.jpg

nijiyuri_1314.jpg

nijiyuri_1315.jpg

nijiyuri_1316.jpg

nijiyuri_1317.jpg



【おまけの百合小説】

登場人物&あらすじ

第1話






……眠れない。


すぐ眠れるだろうと目を閉じたものの、寝つけないまま私は再び目を開けた。


あれからずっと、朋花は私の首筋に唇を押し付けている。

目を閉じると、その艶めかしい感触と、優しく吹きかかる生温い息で、眠れるどころかどんどん目が冴えてしまう。


鼓動が落ち着くことはなく、冷えていた身体は『温かい』という段階をあっさりと通り過ぎ、微熱を帯びていた。


どうしよう、このままじゃ眠れないよ。


私、レズじゃないのに。

混乱する頭の中で、自分に言い聞かせるように言葉を紡ぐ。

しかし、そんな言葉は何の意味も持たなかった。

身体全体にぼんやり感じていた熱は、次第に腹部の方に集中するように降りてきた。



なんで……

コントロールできない自分の身体に、ますます焦りが募る。

とにかくこのままじゃ、身体も心もどうにかなってしまう。


寝ているはずの朋花の腕は、きつく私の身体を抱き締めて、離す気配がない。

とりあえず、体勢を変えなきゃ。


もぞもぞと身体を動かして、仰向けになる。

手に朋花の肌が触れた。

今まで男性とのSEXだって数少ない経験しかしていないけど、それとは明らかに異なる柔らかく、滑らかな感触だった。


なんとか仰向けになると、隣からふわっと甘い匂いがした。

朋花の匂い?


心地よく、甘美な匂いを感じていると、不意に耳に息がかかり、身体がびくっと震える。

同時に思わず漏れそうになった甘い声を、ぐっと飲み込んだ。



だめ、耳は……


抵抗しようとして、身体から力が抜けていることに気付いた。


朋花の顔は、すぐ隣にある。

スースーと吐き出される息が耳にかかり、そのたびに身体が震えた。

声を我慢するたびに、身体の奥に集まっていた熱が、下腹部の表面にじわりと漏れ出てくる。


「……朋花、起きてよ……お願い」


「ん~、どうしたの?」


寝ぼけながらも目を覚ました朋花の様子に安堵した直後、今まで息を吹きかけられて敏感になった耳に、別の感触がした。

柔らかくて、少しだけ濡れた……唇?


「ふぁっ……! ちょっと、なにして……ッ」


「優羽の耳、おいし」


一瞬だけ唇の感触が耳から離れ、ほんの小さくささやかれた言葉。

それを頭の中で咀嚼する間もなく、ぱくっと開かれた口から生温かい吐息が耳にかかる。

そのまま朋花の上下の唇は、耳にまとわりつくように挟み込んでくる。


「やっ…! やめて……耳、だめなの…っ!」

やがて、唇の間からにゅるっとした異物が差し出され、耳に至近距離から水音が響く。

淫靡に濡れたそれは、私の耳をそっと撫で始めた。


愛撫。

だけど、それは今まで味わった、どこか乱暴なものと違って、限りなく優しく、私の秘められた雌の部分を解いて露わにするような、そんな行為。


舌が触れるたび、自分の身体が熱くなり、まるで自分のものじゃないかのようにびくびくと震えるのがわかった。

と同時に、自分の声じゃないみたいな声が、頭の上の方から突き抜けるように外に出ていく。

やだ。

なんで……私……こんな……


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

オススメサイト様






  • 広告エリア
    検索フォーム
    おまけの百合小説

    相部屋
    大雪の東京。やっと泊まれたビジネスホテルは、シングルルームの相部屋だった!?
    優羽と朋花の物語

    クラスメート
    カズキに誘われた初めての3P。でも、目隠し状態の星梨花を責めていたのは、男じゃなくて…。
    星梨花と悠里の物語
    QRコード
    QR
    プロフィール

    芍薬

    Author:芍薬
    FC2ブログへようこそ!

    百合ゲー

  •  闇夜に踊れ-Witch wishes to commit the Night-

  •  地味な私と、可愛い女の子達との×××エピソード

  • サフィズムの舷窓~an epic~

  • 百合の館物語 ~姫君の花弁とメイドの蕾~

  • カタハネ

  •  処女宮~栗毛の潮吹少女たち~
  • アニメDVD&blu-ray














  • アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。