FC2ブログ

新着更新情報

広告スペース(Amazon百合ランキング)

当ブログについて

*R18*

18歳未満の閲覧は禁止(非エロカテゴリ除く)
18歳になったら、また遊びに来てね。

*当ブログについて*

当ブログは、ネット上(2ch等)で収集した二次元百合画像を個人で楽しむ目的でまとめております。
自己責任のもとでご利用ください。

各画像の著作権については、各著作権者様にございます。
著作権を侵害する意図はありませんが、権利者様からご連絡いただいた場合、速やかに対応いたします。
お手数ですが、メールフォームよりご連絡お願いします。
ポータル・アンテナ
お世話になっているサイト様

・エログポータル

elogch.png

・アンテナサイト

elogch.png

elogch.png

やるにょアンテナ(´・ω・`)

こまにゅう(β)

フェビアンテナ

ガゾーNEWSアンテナ

エロアンテナ

HNアンテナ

・百合情報サイト

百合ニュース

・百合SS

百合チャンネル

メールフォーム
ご意見、ご感想、著作者様からの削除要請等はこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

逆アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチャイチャする女の子同士の百合画像


微エロあり非エロあり。
いちゃいちゃ二次百合画像。

nijiyuri_1243.jpg


nijiyuri_1241.jpg

nijiyuri_1242.jpg

nijiyuri_1244.jpg

nijiyuri_1245.jpg

nijiyuri_1246.jpg

nijiyuri_1247.jpg

nijiyuri_1248.jpg

nijiyuri_1249.jpg

nijiyuri_1250.jpg

nijiyuri_1251.jpg

nijiyuri_1252.jpg

nijiyuri_1253.jpg

nijiyuri_1254.jpg

nijiyuri_1255.jpg

nijiyuri_1256.jpg

nijiyuri_1257.jpg

nijiyuri_1258.jpg



【おまけの百合小説】

登場人物&あらすじ

第1話






熱いシャワーが、冷えた身体に温もりを運んでくる。

浴び始めてほんの数分もしないうちに、冷えて固くなっていた身体が元通りになった。

さっと全身を洗った後、しばらくの間、熱を身体に染み込ませるようにシャワーを浴びた。

さっき、外に放り出されていたら、どうなっていただろう。

想像しただけでも、身体がぶるっと震えそうになる。

朋花に感謝しなきゃ。



十分に身体を温めてからシャワーを止め、ふと手が止まる。

せっかく綺麗な身体になったのに、汚れた下着をつけるのは、たしかに嫌だな。

明日の朝には付けないと外に出られないけど、せめて寝る時はさっぱりした身体のまま寝たいかも。



少し思案した後、身体を拭いたバスタオルを巻いて、部屋に戻ることにした。

たぶん、浴衣のようなものが2着届いてるはずだから、それだけ着て寝よう。
一緒にいるのも女の子だし、大丈夫。



ところが、そんな私の予想を裏切り、ベッドに寝転がってTVを見ている朋花は、まだ裸のままだった。



「ちょっと…! 浴衣は!?」


「なんか、ないらしいよ。今日はここ以外にも相部屋のとこいっぱいあるんだって。だから数足りないって」



「そんな……。じゃ、じゃあせめてバスタオル巻いてよ。落ち着かない」


なんとなく朋花の身体を直視できずに、不自然に目を逸らしながら、私は言った。


「いやいや、バスタオル、それしかないから。それ1枚だけ」


そう言って朋花は私の身体に巻かれたバスタオルを指差す。


そっか、この部屋シングルで、一人しか泊まらない予定だったから……


「じゃ、じゃあ、これっ」

反射的にバスタオルを外そうとしたけど、すぐに手が止まった。

私が裸になるのは、それはそれで恥ずかしいんだけど。


「あははっ。可愛いね、優羽。顔真っ赤。友達と温泉とか、行ったことないわけじゃないんでしょ?」


「それは、行ったことあるけど…」


それとこれとはだいぶ違う。
だいたい温泉は大勢だし、今は狭い部屋に二人きりだし、しかも今日初めて会った人だし。



「いいよ、使って。なんか疲れちゃった。もう寝よう」


裸の朋花はカラッと笑って、ベッドに潜りこんだ。

こっちの方が疲れるよ、精神的にね…。


それにしても、朋花は表情にメリハリがあって、笑顔もすごく魅力的だ。

男の子にモテるだろうなぁ。

そんなことを考えて、ぼんやり朋花のことを見ていると、彼女の顔からはまた笑顔がふっと消えて、不思議そうな表情になった。



「どうしたの?」


「ううん、何でもない。おやすみ」



私はデスクに備え付けられた小さな椅子に腰かけて、ベッドサイド以外の部屋の明かりを落とした。



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

オススメサイト様






  • 広告エリア
    検索フォーム
    おまけの百合小説

    相部屋
    大雪の東京。やっと泊まれたビジネスホテルは、シングルルームの相部屋だった!?
    優羽と朋花の物語

    クラスメート
    カズキに誘われた初めての3P。でも、目隠し状態の星梨花を責めていたのは、男じゃなくて…。
    星梨花と悠里の物語
    QRコード
    QR
    プロフィール

    芍薬

    Author:芍薬
    FC2ブログへようこそ!

    百合ゲー

  •  闇夜に踊れ-Witch wishes to commit the Night-

  •  地味な私と、可愛い女の子達との×××エピソード

  • サフィズムの舷窓~an epic~

  • 百合の館物語 ~姫君の花弁とメイドの蕾~

  • カタハネ

  •  処女宮~栗毛の潮吹少女たち~
  • アニメDVD&blu-ray














  • アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。